TOPICS

専門に測れる機器

通信や音響の機器の、設計開発や完成した物の動きを確認する際には専門の機器を使用しましょう。専門の計測機器であるspectrum analyzerは、小さく軽いので使いやすいです。

詳しく

目に見えない物

人間の目には見えない電気屋周波数は、二次元でグラフ化することで計測することが出来ます。グラフにすることで、電波や信号の異変をチェック出来るのです。測定器にはspectrum analyzerなどがあります。

詳しく

デジタルの進化技術

spectrum analyzerと被測定物とを結線することでスペクトル分析が可能です。

これまでのspectrum analyzerはアナログ信号処理をメインとした計測機器でした。そのため、計測機器の内部回路における微小な電気特性変化によっても測定結果に影響が出ることもあったため、測定機器の電源の安定度にまで気を使わないといけなかったようです。その後のデジタル信号処理の普及によってデジタル化が進み、現在ではデジタル信号処理技術をメインとした計測機器へと推移しています。デジタル信号処理では、信号処理を数値演算プログラムの稼働によっておこなうため、多少複雑な処理が必要な信号処理であってもプログラムによって実現できる数値演算であれば実現が可能になりました。また、内部回路構成も非常に簡素になったことで安定性が確保できるようになりました。さらに、計測機器の内部構造が簡素化されたことで従来のような余計な配慮をする必要がなりました。現在では、spectrum analyzerと被測定物間で、グランド信号を接続して基準電圧値を等価にした後、測定したい信号を接続すればスペクトラム分析を行うことが出来ます。

パソコンを利用した測定環境も提供されたことでより手軽に測定が可能になりました。

従来のspectrum analyzerは、計測機器として開発されたために、装置全体が大型で重量も重い装置でした。これは、アナログ信号処理装置であったために内部回路が非常に複雑で多量の基板や部品を搭載していたのが理由でした。その後のデジタル信号処理の代等によって、spectrum analyzerの内部回路が簡素化されたことで、装置の小型化と軽量化を実現することが出来るようになりました。しかし、現状まだまだ伸び代があると言われているのでさらなる軽量化に期待がされています。こで、測定信号をデジタル数値に変換する装置をパソコンに接続できるように開発し、スペクトル分析演算はパソコンで行うようにしました。これによって、従来のような計測機器とは異なる場所でもスペクトル分析が行えるようになってきました。特にフィールドテストなどでの測定を可能にしたことからその道のスペシャリストから絶大な支持がされています。

水の入ったコップ

ピックアップ

測定器の主な特徴

測定信号の中では、周期信号や雑信号などを周波数ごとで観測することが出来ます。その機器の1つがspectrum analyzerであり、最近ではレンタルすることも出来るようになりました。

More...